古銭とプレミアム

古銭買取業者でブリタニア金貨を買取してもらったときの、買取価格や感想、査定員の話など

買取プレミアムと古銭買取のお話

ブリタニア金貨について、古銭買取業者の買取価格をご紹介

ブリタニア金貨について

ここでは、イギリスで作られた金貨「ブリタニア金貨」の買取価格を紹介しますので、古銭や金貨、古いお金などの買取を検討している方に読んでいただければ嬉しいです。その他古銭の買取価格は左サイドから、私が古銭買取業者を利用した体験談や、おすすめ古銭買取業者はトップページから読むことが出来ます。

古銭買取業者でのブリタニア金貨の買取価格について

ブリタニア金貨の買取価格は?

ブリタニア金貨は、イギリスから発行されている金貨で、貨幣価値ではなく「金貨に使われている金の価値」で取引されるタイプの貨幣(地金型金貨)です。

ブリタニア金貨も、私が買取してもらったパンダ金貨と同等に、日本ではお金として使うことが出来ません。そのため、もしお金に換えたい場合があれば、買取やオークションなどで売らなければいけません。 ブリタニア金貨も一応は貨幣として発行されたので、額面が割り当てられていますが、貨幣価値よりも金としての価値の方が高いんです!そのため、貨幣価値で両替してしまうと損をしてしまうんですよ。

なので、古銭や硬貨・金貨の価値を査定してくれる「買取業者」での売却をおすすめします。(僕がおすすめする買取業者や体験談は、トップページからご覧ください。)

私が買取してもらったブリタニア金貨は、「1トロイオンス」という重さで、ブリタニア金貨の中ではかなり大きな種類とのことでした。 金貨に「ONE OUNCE」と書かれていれば、私が買取してもらった大きさと同じだと思います。 ネットで調べると、ブリタニア金貨の1トロイオンス金貨の直径は32.69mmみたいです。なので、今の500円玉とそれほど変わりませんよね。だけどとってもズッシリした重さだったので、さすがは金だな!と思いましたね。

僕が買取してもらったブリタニア金貨の買取価格は、1枚で13万円の買取価格をつけてもらうことが出来ました! 今は全体的に金の相場が高いので、金貨を売られるなら今売っておいたほうがお得だと思って古銭買取業者に見てもらったのですが、想像以上に買取価値が高くて、とても驚きました。

金の相場は今は高い状態が続いていますが、またいつ下がってしまうか分からないので、思い立ったらとりあえず買取業者に「いくらくらいで売れそうですか?」と質問だけでもされてみることをおすすめします!

ブリタニア金貨とはどんな金貨?

ブリタニア金貨の豆知識

ブリタニア金貨とは、イギリスから発行されている地金型金貨です。イギリス政府が金の価値を保証している金貨ですので、世界中から人気がある金貨らしいですね。 ですが、金の純度は91.7%なので、金の純度にこだわる方は、さらに高い99.9%のメイプルリーフ金貨や、あるいはカンガルー金貨などを選ばれるそうですよ。ブリタニア金貨と一緒に買取してもらったパンダ金貨も、金純度が確か99.9%でしたよ。

ブリタニア金貨の種類は、僕が買取してもらった1トロイオンス金貨のほか、1/2トロイオンス、1/4トロイオンス、1/10トロイオンスがあるみたいです。 ちなみに、トロイオンスとは貴金属の単位で、1トロイオンスは約31gを示します。

ブリタニア金貨の表面に描かれている「ブリタニア」とは、イギリスを擬人化した女神のことだそうです。昔にイギリスで発行されて使われていた普通の貨幣にも、女神ブリタニアが描かれていたものがあったそうですよ。ブリタニア金貨が発行されたのは1987年のことで、以降毎年発行されています。ブリタニア女神の反対の面には、エリザベス女王の肖像画がデザインされていますよ。

今回紹介したブリタニア金貨じゃなくても、古い硬貨やお金などは古銭として古銭買取業者が買取してくれるので、まずは問い合わせから始められるのがおすすめです!

買取プレミアム公式サイト
ページ上部へスクロール