古銭とプレミアム

古銭買取業者で兌換券を買取してもらったときの、買取価格や感想、査定員の話など

買取プレミアムと古銭買取のお話

兌換券について、古銭買取業者の買取価格をご紹介

兌換券について

ここでは、昔に日本で使われていた古い紙幣「兌換券」の買取価格を紹介しますので、古銭や金貨、古いお金などの買取を検討している方に読んでいただければ嬉しいです。その他古銭の買取価格は左サイドから、僕が古銭買取業者を利用した体験談や、おすすめ古銭買取業者はトップページから読むことが出来ます。

古銭買取業者での兌換券の買取価格について

兌換券の買取価格は?

「兌換券」とは、日本で発行されていた古紙幣の種類です。 金と”兌換(交換)”できる紙幣のことを「兌換券」と呼ぶみたいですが、そのまま「兌換券」という名前の古紙幣もあります。 それが、今回買取価格をご紹介する5種類の紙幣です!

兌換券は、1927年頃から発行された古紙幣で、1946年頃まで使われていたそうです。兌換券には200円札・100円札・20円札・10円札・5円札の5種類があるみたいですが、僕が持っていた古紙幣の兌換券は、100円札と10円札の2種類でした。

僕が古銭買取業者で売った「兌換券」100円札と10円札の買取価格は、兌換券100円札が1000円の買取価格、兌換券10円札はあまり綺麗な状態でなかったこともあり、200円の買取価格になりました!

ただ、この古紙幣の兌換券200円札にとても高いプレミア価値がついているらしくて、もし綺麗な状態であれば20万円ほどの買取価格まで期待できるみたいです! そして20円札の買取価値も結構高くて、綺麗な状態だと1枚で1万円くらいの買取価格が期待できるみたいですよ。

古いお金が、元々の価値以上で高く売れたらとっても嬉しいですよね!古い紙幣や古銭が出てきたらとてもラッキーなので、一度古銭買取業者へ質問だけでもされてみることをおすすめします!

兌換券とはどんな古紙幣?

兌換券の豆知識

兌換券とは、昔に日本で発行されていた古い紙幣です。今はもちろん貨幣として使うことが出来ないので、現金化する場合は古銭買取業者を利用されることになります。今は失効してしまった紙幣なので、銀行での両替も難しくなっているんです。

兌換券は、それぞれ裏赤200円札、1次100円札、縦書き20円札、1次10円札、1次5円札という名前がついているみたいです。 兌換券の「裏赤200円札」って面白い名前だな、と思ったんですが、これは紙幣の裏面が赤色で印刷されているから「裏赤200円」と呼ばれるようになったみたいですね。

裏赤200円紙幣は、昭和の金融恐慌で急遽発行された紙幣で、銀行に預金はきちんとあるので、払い戻しも出来ますよ、とアピールするために作られた紙幣みたいです。 そのため、ほとんど利用者の手に渡ることはないままだったようです。ですが、この昭和金融恐慌のエピソードは歴史的にも有名ですので、古銭愛好家・歴史愛好家からは裏赤200円札が高く評価されています。 希少価値も相まって、兌換券の裏赤200円札の古銭的な買取価値も高く、もし家から出てきたら非常にラッキーな古紙幣ですよ!

買取プレミアム公式サイト
ページ上部へスクロール