古銭とプレミアム

古銭買取業者で不換紙幣を買取してもらったときの、買取価格や感想、査定員の話など

買取プレミアムと古銭買取のお話

不換紙幣について、古銭買取業者の買取価格をご紹介

不換紙幣について

ここでは、昔に日本で使われていた古い紙幣「不換紙幣」の買取価格を紹介しますので、古銭や金貨、古いお金などの買取を検討している方に読んでいただければ嬉しいです。その他古銭の買取価格は左サイド(スマホの方はメニューボタン)から、僕が古銭買取業者を利用した体験談や、おすすめ古銭買取業者はトップページから読むことが出来ます。

古銭買取業者での不換紙幣の買取価格について

不換紙幣の買取価格は?

「不換紙幣」とは、日本で発行されていた古紙幣の種類です。 歴史としてのお金の分類でいうと、「不換紙幣」とは、「金と交換することが出来ない」紙幣として発行されたみたいです。 今までの日本は、金や銀と交換できる「兌換券」を発行していましたが、不換紙幣はその真逆に位置する紙幣です。

ですが、古銭の古紙幣での分類では「不換紙幣」は、聖徳太子の2次100円札・和気清麻呂の2次10円札・菅原道真の3次5円札・武内宿禰の中央武内1円の4種類があります。 僕が持っていたのは「和気清麻呂の2次10円札」と「武内宿禰の中央武内1円」の2種類で、他の古銭や古紙幣とまとめて、古銭買取業者へ査定をお願いしました。

僕が依頼した不換紙幣の古銭買取業者での買取価格は、和気清麻呂の2次10円札が200円の買取価格、武内宿禰の中央武内1円が100円の買取価格が付きました! 不換紙幣は相当な枚数が発行されたらしく、古銭的な希少価値はあまり高くなっていない紙幣みたいです。

ですが、額面よりも遥かに上の買取価格になりましたし、他にもプレミア価値がついた紙幣を沢山買取してもらったので、トータルで見るとかなり満足しています! 自宅に昔のお金や古い紙幣が眠っていて、価値が気になる方は、一度古銭買取業者へ質問だけでもしてみることがおすすめです!問い合わせフォームの質問だけでも、買取価格の目安を教えてもらうことが出来るので、価値を知りたいモヤモヤもすっきりしますよ!

不換紙幣とはどんな古紙幣?

不換紙幣の豆知識

不換紙幣とは、昔に日本で発行されていた古い紙幣です。種類は聖徳太子の2次100円札・和気清麻呂の2次10円札・菅原道真の3次5円札・武内宿禰の中央武内1円の4種類です。 不換紙幣の中で、今でも武内宿禰の中央武内1円だけは普通に使うことが出来るみたいですが、他の不換紙幣は今では失効してしまっていて、お金として使うことは出来ません。

不換紙幣は、日本で発行されていた紙幣で、10円札・5円札・1円札の発行は昭和18年(1943年)、100円札の発行は昭和19年(1944年)でした。

日本の古紙幣は、不換紙幣の他にも結構な数が発行されているらしく、肖像画が同じのため似たような紙幣に見えても、買取価格が何万円単位で違うことも多いそうです。

不換紙幣の1円札の肖像画に使われている武内宿禰も、あらゆる一円札に登場していますし、一部の五円札にも採用されているみたいです。 ネットで紙幣の画像を見てみましたが、正直、どれも同じような紙幣に見えます…。そのため、古銭や古い紙幣の価値を知りたい場合は、古銭買取業者で査定してもらうことをおすすめします。

買取プレミアム公式サイト
ページ上部へスクロール