古銭とプレミアム

古銭買取業者で小額政府紙幣を買取してもらったときの、買取価格や感想、査定員の話など

買取プレミアムと古銭買取のお話

小額政府紙幣について、古銭買取業者の買取価格をご紹介

小額政府紙幣について

ここでは、中国で作られた金貨「小額政府紙幣」の買取価格を紹介しますので、古銭や金貨、古いお金などの買取を検討している方に読んでいただければ嬉しいです。その他古銭の買取価格は左サイドから、僕が古銭買取業者を利用した体験談や、おすすめ古銭買取業者はトップページから読むことが出来ます。

古銭買取業者での小額政府紙幣の買取価格について

小額政府紙幣の買取価格は?

小額政府紙幣とは、日本で昔に発行されていた古銭です。古銭買取の分類でいうと、古い紙幣=古紙幣、あるいは旧紙幣ともいうみたいですね。

僕が持っていた小額政府紙幣は、「50銭」が2種類あったのですが、どちらも図柄が違うものでした。 「富士桜50銭」と呼ばれる紙幣、そして「靖国神社50銭」と呼ばれる紙幣の2つを持っていたんですが、額面が「銭」とは驚きました!

どうやら小額政府紙幣とは、戦時中の発行されていた紙幣で、硬貨を作るための金属が軍事物資として優先して使われたことから、硬貨の代わりに紙幣が発行されたみたいです。 それが「小額政府紙幣」にあたり、そのため「50銭」という少額の単位での紙幣が実現されたようです。

古銭買取業者での小額政府紙幣の買取価格は、「富士桜50銭」の古紙幣が200円の買取価格、「靖国神社50銭」が150円の買取価格になりました。 当時の硬貨の代わりに発行された紙幣ですので、発行枚数はかなり多く、希少価値はあまり高くないようです。

僕の場合、古紙幣は専用の紙幣ホルダーで保管されていて、状態もそこそこ良かったので、そこそこ良い買取価格をつけていただけたみたいです。 小額政府紙幣の買取価格は数百円でしたが、他にプレミア価値がついて高く買取してもらえた古銭や古紙幣も紹介しているので、トップページや左サイドから、他の古銭買取情報もぜひご覧ください!

小額政府紙幣とはどんな古紙幣?

小額政府紙幣の豆知識

小額政府紙幣は、昭和13年から昭和23年にかけて発行されていた古紙幣です。種類は2種類あって、富士桜が描かれているほうは「富士桜50銭」、靖国神社がデザインされているものは「靖国神社50銭」と呼ばれているみたいです。

どうして2種類の小額政府紙幣が同じ額面であるのかというと、途中で印刷の工場が民間へ委託されたからみたいです。靖国神社50銭の小額政府紙幣のほうは、民間の印刷会社に委託して作られた紙幣だそうですよ。

小額政府紙幣の富士桜50銭のほうは、昭和13年6月1日から発行され始めました。途中で印刷が民間企業に任されたタイミングでデザインが変更され、富士桜50銭の代わりに靖国神社50銭が誕生しました。 靖国神社50銭が発行され始めたのは昭和17年12月8日からで、どちらも昭和23年8月31日に廃止されています。

小額政府紙幣の大きさは、横が65mm、縦が105mmとかなり小さいサイズです。今の紙幣のサイズから見ると、まるで紙幣には見えないサイズ感で、例えばこども銀行のおもちゃの紙幣、あるいは手形など、紙幣とは別の何かかも?とも思ってしまいそうです。 僕は他の古紙幣とまとめて紙幣ホルダーに入っていたので、一応紙幣かな?とは想像できたんですが、小額政府紙幣単品で置かれていたら、紙幣とは気づかないかも知れませんね。

買取プレミアム公式サイト
ページ上部へスクロール