古銭とプレミアム

古銭買取業者で和同開珎を買取してもらったときの、買取価格や感想、査定員の話など

買取プレミアムと古銭買取のお話

和同開珎について、古銭買取業者の買取価格をご紹介

和同開珎について

ここでは、日本で作られていた穴銭「和同開珎」の買取価格を紹介しますので、古銭や金貨、古いお金などの買取を検討している方に読んでいただければ嬉しいです。その他古銭の買取価格は左サイドから、僕が古銭買取業者を利用した体験談や、おすすめ古銭買取業者はトップページから読むことが出来ます。

古銭買取業者での和同開珎の買取価格について

和同開珎の買取価格は?

今日は日本で発行されていた穴銭「和同開珎」の買取価格をご紹介します。穴銭の和同開珎は、僕の祖父の穴銭コレクションの中に入っていて、これは高く売れるんじゃないかとちょっと期待していました。なんせ、日本で最初に作られた古銭ですもんね!

日本の古銭「和同開珎」は、なんと708年とはるか昔に発行されていた穴銭です。和同開珎は、日本で最初の流通貨幣と言われていて、皇朝十二銭の中でも最初に作られた穴銭に該当します。そのため、日本で初めて発行されたお金として知っている方も多いのではないでしょうか。
和同開珎などの古銭は「穴銭」といい、和同開珎の場合は表面に時計回りで「和同開珎」と記されていますので、少し古銭を勉強した方であれば、すぐにピンとくるお金だと思います。(ちなみに穴銭は、忍〇〇太郎の「き〇まる」というキャラクターが、銭のことを考えると目がお金の形になりますが、穴銭とはあの古銭です!)

古銭買取業者での和同開珎の買取価格は、1枚でなんと8万円の買取価格がつきました。他にも高額で売れた古銭はありますが、その中でも結構高い買取価格がついた古銭なので、結構嬉しかったですね!

古銭買取業者の査定の方が言うには、和同開珎の中にはもっと高い価値が高い種類もあり、数百万円の買取価格がつくようなプレミア古銭もあるとの事でした。そのため、自宅に和同開珎があるんだけど…と言う方は、一度古銭買取業者での無料査定を受けておくことをお勧めいたします。

和同開珎とはどんな穴銭?

和同開珎の豆知識

和同開珎は日本で最も古い貨幣だと言われていた穴銭です。ですが、今は和同開珎の前に発行されたと言う古銭が出てきていて、和同開珎は日本で最も古い穴銭ではなくなってしまいました。 和同開珎の大きさは直径が24ミリメートル前後で、真ん中に四角い穴が開いています。時計回りに”和同開珎”と記されているので、少し古いお金や歴史に詳しい方であれば、すぐに分かる貨幣かと思います。

和同開珎の中には、それぞれの”文字”によって少しずつ買取価値が異なり、それぞれの文字が「止め」で彫られているか、「跳ね」で彫られているものかで、だいぶ買取価格も変わってくるみたいです。

文字が止められている和同開珎は比較的発行枚数が多いため、僕が買取してもらったくらいの買取価格に落ち着くかと思います。ですが、文字の最後が跳ねで作られている和同開珎は、僅か数十枚しか作られていないとされています。そのため、価値が百万円以上になるようなケースもざらにあるみたいです。

買取プレミアム公式サイト
ページ上部へスクロール